◆◆ 私たちの想い ◆◆

【想いをカタチに】【ないものは自分たちの手で】
当協会は、教育・医療・介護を三本柱に据えて、希薄となった人と人とのつながりを再構築し、誰もが安心して暮らせる地域社会を創造していきます。

少子高齢化が加速し、高齢者を地域で支えていくためには、介護保険制度や既存のサービスでは限界があり、超高齢化社会の問題を子供から高齢者まで多世代の人々が我が事として捉え考える地域の理解と仕組みが必要です。
継続的かつ具体的な地域活動はまさに教育の現場であり、大人と次世代の子供達が共に命の大切さを考える機会となり『おたがいさま』の社会を実現します。

地域の困りごとに耳を傾け、一人ひとりの想いに丁寧に寄り添う。
そして、一つひとつをカタチに変えていく・・・日本地域ケア協会はこの限りない発想力とエネルギーを発揮し、人と人とのつながりの架け橋を展開し続けます。


 icon-arrow-circle-up