◆◆ 認知症SOS声かけネットワーク模擬訓練 ◆◆

認知症SOS声かけネットワーク模擬訓練
『認知症SOS声かけネットワーク模擬訓練』は、実効性のある声かけの仕方や関わり方を皆で考えながら体験できます。認知症当事者の方も一緒に参加できる企画です。
行政、警察、町会、学校や企業と一緒に実施することで、それぞれの立場でできる事を考える機会を提供します。
体験型のイベントを通して多世代の方々に認知症の理解が進み、特に小中学生に参加してもらうことで、人の痛みがわかり、人の繋がりを大切にする心が育ち、未来の担い手となる人材が育成されます。
そして、この模擬訓練を通して日頃から声をかけ合う地域のネットワークを築き、誰もが尊厳と希望を持って生活できる地域を形成することを目的とします。
※いろいろな地域で摸擬訓練を推進しています。摸擬訓練の相談もお受け致します。
認知症SOS声かけネットワーク模擬訓練

 icon-arrow-circle-up